歯磨きをしていて出血したら|大津市の歯医者「東野歯科医院」

歯磨きをしていて出血したら|大津市の歯医者「東野歯科医院」

077-579-4799

ブログ

歯磨きをしていて出血したら

歯磨きをしていて歯ぐきから出血したらどうしますか。
① そこを磨くのをやめるあるいは、血が出ないように磨く。
② 怖がらずに磨く。
ほとんどの場合、正解は②です。ただ、ごしごし力を入れて磨きすぎるのはよくありません。多くの場合、歯磨きをしていて歯ぐきから出血するのは歯周病になっているからです。触れると出血するというのは歯周病の症状の一つです。

歯周病の最大の原因は歯垢、つまり細菌のかたまりです。歯垢が歯と歯茎の境目についていると、細菌の出す毒素によって歯ぐきが充血して腫れてしまい、触れると出血しやすくなるのです。ですから、丁寧に歯磨きすることによって歯垢をとれば、出血は減少するはずです。
歯周病により歯肉から出血するような状態になっていると、歯の周り、あるいは歯茎に隠れた歯根の部分に歯石がついている場合がほとんどです。歯石も歯周病の大きな原因です。歯垢は正しいブラッシングで除去することができますが、歯石は歯ブラシではとれません。歯科医院でとってもらう必要があります。その際にご自身の歯並びにあったブラッシング方法を習うとよいでしょう
逆にいうと歯周病にならないように、歯磨きをきちんとすると共に定期的に歯石をとりましょう。

歯周病以外にも歯ぐきから出血する場合があります。例えば乱暴なブラッシングによって歯茎に傷がついてしまう場合です。硬すぎる歯ブラシや長く使って毛先が開いた歯ブラシも歯ぐきを傷つける原因になります。

最後になりましたが白血病や再生不良性貧血といった重篤な病気の場合にも歯ぐきから出血が生じます。歯ぐきからの出血は多くの場合、歯周病が原因ですが重篤な病気の兆候の場合もあり得るので、自分だけで判断せず医師や歯科医師に相談しましょう。

ページトップへ戻る