スポーツマウスガード|大津市の歯医者「東野歯科医院」

スポーツマウスガード|大津市の歯医者「東野歯科医院」

077-579-4799

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードについて

スポ-ツマウスガードは、スポ-ツ中に歯を折ったり、舌や頬のケガを防ぐために口の中に入れておくものです。
アメフトやラグビ-・ボクシングといった激しく身体がぶつかり合うスポ-ツでは装着が義務付けられています。今後義務付けられる競技は増えていくでしょう。

義務化・一部義務化されているスポ-ツ(2017年4月現在)

アメリカンフットボール

ボクシング

キックボクシング

総合格闘技

テコンドー

ラクロス

ラグビー(13~19歳)

アイスホッケー(U-20)

フィールドホッケー(中学生のみ)

空手(組手)

マウスガード装着が推奨されるスポーツ

格闘技系

ボクシング・キックボクシング・空手・拳法・レスリング・柔道・相撲 他

球技・団体競技系

アメフト・ラグビー・アイスホッケー・フィールドホッケー・バスケ・ラクロス・サッカー・ハンドボール・テニス・水球・綱引き・野球・ソフトボール・ゴルフ・カーリング 他

個人競技系

モータースポーツ・体操・トランポリン・アクロバット・スキー・スノボー・スケボー・スカイダイビング・ハンググライダー・馬術・乗馬・ジェットスキー・サーフィン・ボウリング・砲丸投げ・槍投げ・射撃競技 他

カスタムメイド・スポ-ツマウスガードの長所・短所

スポ-ツマウスガードには市販の既製品もありますが、当院ではあなたのお口に合わせて作製されるカスタムメイド・スポ-ツマウスガードの装着をお勧めします。

Meritメリット

  • 口の大きさ・歯並びに合わせて作られているので、装着感が良く外れにくい
  • 外形がコンパクト(特にフルフェイスヘルメットを使用する競技では重要なことです)
  • 話しやすい(特に団体競技では大切なことです)
  • 水を吐き出しやすい(特に水球やウォ-タ-スポ-ツでは大切なことです)

Demeritデメリット

  • 既製品に比べ価格が高い
  • 作製に通院が必要(最低2回)

スポーツマウスガード使用時の注意点

装着前後には歯を磨きましょう

スポ-ツマウスガードを装着すると歯の周囲への唾液の循環が悪くなります。このことにより唾液の働きの一つである虫歯を防ぐ作用が低下します。更にスポ-ツドリンクを飲むと、虫歯の原因となる糖や酸が歯とマウスガードの間に残ります。虫歯を防ぐために、スポ-ツマウスガード装着前後には歯を磨きましょう。

装着前後には水ですすぎ洗いをしましょう

スポ-ツマウスガ-ドは柔らかい材質でできています。汚れが残っていると臭いの原因となるので、特に使用後は念入りに洗いましょう。

暑い場所に放置しないようにしましょう

スポ-ツマウスガ-ドは熱を加えて形を作っています。熱湯で洗ったり、夏場の車内など暑い場所に放置すると変形してしまいます。

定期的に歯科医師の検査を受けましょう

スポ-ツマウスガ-ドは使用にともない、変形・摩耗・破れが生じます。お口の中のチェックも含め、定期的に歯科医院を受診しましょう。

料金表

シ-ト1枚のもの 13,000円
(標準的な厚みのマウスガードです)
シ-ト2枚のもの 20,000円
(特に激しいスポ-ツで使う厚みのあるマウスガードです)

この他ご相談いただければ、特殊なデザインにも対応いたします。

ページトップへ戻る