審美治療・ホワイトニング|大津市の歯医者「東野歯科医院」

審美治療・ホワイトニング|大津市の歯医者「東野歯科医院」

077-579-4799

審美治療・ホワイトニング

審美治療

審美治療について

審美治療には『ホワイトニング』『セラミック治療』『矯正治療』などさまざまな治療法があります。
“見た目の美しさを追求するための治療”というイメージが強いかもしれませんが、審美治療の目的は歯の機能を回復させることです。歯並びの乱れを整え機能回復を目指す歯科医療が、結果として見た目を良くすることにつながります。

審美治療で使用する補綴物のご紹介

メタルボンドクラウン

金属の上にセラミックを焼き付けて作る被せ物です。内冠が金属でできているので強度があります。
表面のセラミックは自然な白さが特徴で、見た目と耐久性に優れています。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドにも使われる『ジルニコア』で作られた被せ物です。耐久性に優れており割れにくいのが特徴ですが、色調のバリエーションが少ないため奥歯に使用されるケースが多いです。

ハイブリッドセラミックス前装冠

ハイブリッドセラミックス前装冠は、内側に金属を使用し、表面にはハイブリッドセラミックを用いた被せ物です。強度と見た目の美しさを兼ねそなえています。(写真左側のものになります)

ハイブリッドセラミックスインレ-

レジンとセラミックを調合した素材で作られた被せ物です。柔軟性に優れており、天然歯に近い硬さのため対合歯への負担を軽減できますが、その反面、割れやすいデメリットもあります。

セラミックラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をわずかに削り、セラミックで作られたシェルを歯科用接着剤で貼り付ける治療法です。痛みがなく短時間で治療が終わります。

ファイバーコア

被せものを取り付けるための土台で、グラスファイバーが使用されており、耐久性に優れています。
光を透過するので審美治療に適しています。硬すぎず歯にやさしい素材です。(写真右側のものになります)

料金表

メタルボンドクラウン 83,000円
ジルコニアクラウン 100,000円
ハイブリッドセラミックス前装冠 62,000円
ハイブリッドセラミックスインレー 23,000円
セラミックラミネートベニア 100,000円
ファイバーコア 自費診療の場合、治療費に含まれております。

ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を使用して歯の表面に付着した色素を分解し、歯を白く導く治療法です。
ホワイトニングには、ご家庭で患者さまご自身が行う『ホームホワイトニング』、歯科医院で行う『オフィスホワイトニング』、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する『デュアルホワイトニング』、神経が死んでしまった歯に行う『ウォーキングブリーチ』などがあります。

ホームホワイトニング

ご家庭でゆっくりと時間をかけて行うホームホワイトニングは、歯科医院でホワイトニング専用のマウスピースを作成し、そこにホワイトニング剤を入れて使用します。歯の白さの度合いはオフィスホワイトニングと比べると劣りますが、白さの持続時間が長く天然の歯に近い自然な白さが実現します。頻繁に歯科医院に通う時間がとれない方にもお勧めです。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方をしてもらえば、自宅で都合の良い時間に行えることがメリットです。また、オフィスホワイトニングと比べると色持ちが良く、時間をかけて白くすることで歯へのダメージを抑えられ、天然歯の色に近い自然な仕上がりになります。
ただ、マウスピースは、理想の白さになるまでは毎日装着することが推奨されているため、負担に感じる方もいるかもしれません。また、ホームホワイトニングをした直後は、色の付いた飲食物やタバコなどを一定時間我慢する必要があります。処方される薬剤は低濃度のため、オフィスホワイトニングに比べると白くなるまでに時間がかかります。

Meritメリット

  • 歯へのダメージを抑えられる
  • 歯を削る必要がない
  • 時間をかけて白くするため、仕上がりが自然
  • 白さの持続時間が長い
  • オフィスホワイトニングに比べると価格がリーズナブル
  • 歯科医院に通う必要がなく、自分の好きな時間にホワイトニングができる
  • 低刺激で、歯にしみにくい

Demeritデメリット

  • 歯へのダメージを抑え、時間をかけてゆっくりホームホワイトニングするため、満足する白さになるまで毎日継続して行う必要がある。
  • ホワイトニングの最中は、30分~1時間マウスピースを着用しなければならない。
  • ホワイトニングの後、1時間は色の濃い飲食物を避けるなどの飲食制限がある。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科衛生士が行う施術で、光に反応するホワイトニング剤を歯に塗っていきます。ホームホワイトニングと比べると、短期間で透明感あふれる白く輝く歯が手に入ります。ただ、色持ちはホームホワイトニングのほうが優れており、白さの度合いが高い分、やや人工的な印象を与えてしまいがちです。
そのため、1回の施術でも効果が出やすいといった特徴があります。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

高濃度の薬剤を使用するため、歯が白くなるまでの時間が短く、白さの度合いが高いことが特徴です。また、歯科医院でプロの技術によって行うので安心感がある点もメリットと言えるでしょう。デメリットとしては、ホームホワイトニングに比べると白さの持続時間が短いことや、薬剤の刺激でホワイトニングをした当日は歯に痛みが出ることなどが挙げられます。
ホワイトニングにどの程度の白さを求めるのかは人それぞれですが、オフィスホワイトニングの仕上がりを人工的な白さだと感じる方もいるようです。

Meritメリット

  • 特殊な光線と高濃度のホワイトニング剤を使用するため、短期間でホワイトニングの効果を実感できる
  • ホームホワイトニングよりも白さの度合いが高い
  • 歯科医師や歯科衛生士が施術してくれるため、ムラになる心配がほとんどない
  • 歯科医師や歯科衛生士によるプロの施術のため、安心感がある
  • 施術中に痛みなどの症状が出た場合でも、すぐに適切な処置をしてもらえる
  • 事前に口腔内のチェックをするので、むし歯や歯周病の早期発見・早期治療につながるケースがある
  • 事前に歯石除去をするので、歯周病の予防効果や口内環境の改善が期待できる

Demeritデメリット

  • ホームホワイトニングに比べると費用が高め
  • 高濃度のホワイトニング剤を使用するため、人によっては歯が痛む・しみるなどの症状が出る場合がある
  • 事前にむし歯の治療や歯石の除去を済ませなければならないことがあるため、希望するタイミングで施術を受けられないことがある
  • 歯の厚みなどのその人の歯の特徴によって、1回の施術で白くならず色ムラが出る場合がある
  • ホームホワイトニングよりも、白さの持続時間が短い

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、歯科医院で『オフィスホワイトニング』の施術を行った後、ご自宅で『ホームホワイトニング』を継続していただく治療法です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことで、それぞれのメリットを活かしたホワイトニング効果が期待できます。
オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングを単独で行うよりも、自然な白さが長持ちします。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのメリットを組み合わせることで、『白さの度合いが高く、持続期間が長い』というホワイトニング効果が実現します。
ただし、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのダブル施術をするため、費用は高くなります。また、オフィスホワイトニングでは高濃度の薬剤を使用するため、知覚過敏のリスクを考慮しなければいけません。

Meritメリット

  • 歯科医院への通院は原則2回程度
  • オフィスホワイトニングの施術を行うので、白さの度合いが高い
  • 白さが長く続き、色の後戻りが遅い
  • 施術の前に、歯石除去などの処置をしてもらえる

Demeritデメリット

  • オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのダブル施術なので、費用がかかる
  • 薬剤を頻繁に使用するので、知覚過敏のリスクが高まる
  • 1日2時間程度、マウスピースの着用を続ける必要がある

変色無髄歯の漂白(ウォーキングブリーチ)

ウォーキングブリーチは、むし歯や打撲など何らかの原因で神経が死んでしまった歯を白くするための治療法です。神経が死んだ場合、血液などが沁み出し歯が黒ずんでしまうことが多くあります。
黒ずみは歯の内部の象牙質で発生しているため、歯の表面のエナメル質を白くするホワイトニングでは効果がありません。ウォーキングブリーチは、歯の中に漂白剤を入れて象牙質を漂白します。

変色無髄歯の漂白(ウォーキングブリーチ)のメリット・デメリット

ウォーキングブリーチのメリットは、すでに穴の開いている部分に漂白剤を入れていきますので、歯を削らずにすむことです。また、神経が死んでいるため処置の最中に痛みを感じることもありません。さらに、セラミッククラウンなどの被せ物よりも安価で白い歯が手に入り、自分の歯を残しておくことができます。
デメリットは数ヶ月~1年ほどで多少の色戻りが見られることや、歯の中に入れた漂白剤は定期的に取り替える必要があるため、事前にスケジュールの確認が必要なことです。また、漂白剤の漂白反応でガスが発生するケースが稀に見られます。

Meritメリット

  • 歯を削る必要がなく、歯へのダメージが最小限に抑えられる
  • 神経が死んでいるため痛みを感じない
  • セラミッククラウンなどの被せ物よりも安価

Demeritデメリット

  • 歯の内部に注入した漂白剤の漂白反応で、ガスが発生するケースが稀にある
  • 数ヶ月~1年で多少色が戻る
  • 治療中はスケジュールの制約がある

料金表

オフィスホワイトニングコース 20,000円(前歯6本、通常2回の処置が必要)
ホームホワイトニングコース 16,000円(上顎または下顎)
デュアルホワイトニングコース 上記の合計金額
変色無髄歯の漂白 1歯あたり8,000円(通常2回の処置が必要)

ページトップへ戻る