審美治療・ホワイトニング|大津市の歯医者「東野歯科医院」

審美治療・ホワイトニング|大津市の歯医者「東野歯科医院」

077-579-4799

審美治療・ホワイトニング

審美歯科治療

審美歯科治療について

黄ばんでいると感じる歯の色を白くする。目立って気になる銀色の詰め物を自然な白い詰め物にする。歯の気になる部分を美しくする治療が審美歯科治療です。
審美歯科治療には『ホワイトニング』『セラミック治療』『ダイレクトボンディング』などさまざまな治療法があります。『歯列矯正治療』も審美歯科治療の一分野ととらえられるかもしれません。
費用や方法は色々とあります。どの方法が最適かは患者様と相談させていただいて、決めていきますが主な方法を次に挙げさせていただきます。

審美歯科治療で使用する補綴物のご紹介

メタルボンドクラウン

長い歴史のある被せものです。
金属の上にセラミックを焼き付けて作る被せ物です。内冠が金属でできているので強度があります。
表面のセラミックは自然な白さが特徴で、見た目と耐久性に優れています。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドにも使われる『ジルニコア』で作られた被せ物です。耐久性に優れており割れにくいのが特徴ですが、色調のバリエーションが少ないため奥歯に使用されるケースが多いです。

ハイブリッドセラミック前装冠

ハイブリッドセラミックス前装冠は、内側に金属を使用し、表面にはセラミックとプラスチックの両方の長所を備えたハイブリッドセラミックを用いた被せ物です。メタルボンドクラウンに比べ治療費を抑えることができます。ただし長期的な美しさはメタルボンドクラウンに比べると劣ります。

ハイブリッドセラミックインレ-

セラミックとプラスチックの両方の長所を備えたハイブリッドセラミック作られた詰め物です。柔軟性に優れており、天然歯に近い硬さのため対合歯への負担を軽減できますが、あまり広範囲には使用できない場合もあります。

セラミックラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をわずかに削り、セラミック等で作られたシェルを歯科用接着剤で貼り付ける治療法です。ホワイトニングでは十分な効果が得られない場合や歯の形も変えたい場合に用います。

ファイバーコア

被せものを取り付けるための土台で、グラスファイバーが使用されており、光を透過するので審美歯科治療に適しています。柔軟性に優れており、硬すぎず歯にやさしい素材です。
(写真右側がファイバ-コア。左側が金属製のコア)

料金表(税込み)

メタルボンドクラウン   83,000円
ジルコニアクラウン 100,000円
ハイブリッドセラミック前装冠   62,000円
ハイブリッドセラミックインレー   23,000円
セラミックラミネートベニア 100,000円
ファイバーコア 自費診療の場合、治療費に含まれております。

ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を使用して歯のエナメル質に沈着した色素を分解し、歯の色を明るく白くする治療法です。以前は歯を白くする場合、歯の表面を削って白い被せを被せたりラミネ-トべニアを貼り付けたりしてきました。ホワイトニングでは白くできる程度に限界があるのも事実ですが、最大のメリットは『削らない』という点で、これは非常に重要なことです。歯を白くしたい方はまずこの方法を試してみられることをお勧めします。
ホワイトニングには、ご家庭で患者さまご自身が行う『ホームホワイトニング』、歯科医院で行う『オフィスホワイトニング』、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する『デュアルホワイトニング』、神経が死んでしまった歯に行う『変色無髄歯漂白』などがあります。

ホームホワイトニング

ご家庭でゆっくりと時間をかけて行うホームホワイトニングは、歯科医院でホワイトニング専用のマウスピースを作成し、そこにホワイトニング剤を入れて使用します。歯の白さの度合いはオフィスホワイトニングと比べると劣ると感じる方もおられますが、白さの持続時間が長く天然の歯に近い自然な白さが実現します。当院ではまずこの方法をお勧めしています。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方をしてもらえば、自宅で都合の良い時間に行えることがメリットです。また、オフィスホワイトニングと比べると色持ちが良く、時間をかけて白くすることで歯へのダメージを抑えられ、透明感のある自然な仕上がりになります。
ただ、マウスピースは、理想の白さになるまではなるべく毎日装着する必要があるため、負担に感じる方もいるかもしれません。また、ホームホワイトニングをした直後は、色の付いた飲食物やタバコなどを一定時間我慢する必要があります。処方される薬剤は低濃度のため、オフィスホワイトニングに比べると白くなるまでに時間がかかります。
ホワイトニングは一度行ってもある程度の期間がたつと色が後戻りする場合があります。マウスピ-スを一度作れば、追加薬剤の購入のみでもう一度ホワイトニングができるというメリットもあります。

Meritメリット

  • オフィスホワイトニングに比べると価格がリーズナブル
  • 低刺激で、歯がしみにくい
  • 時間をかけて白くするため、仕上がりが自然
  • 白さの持続時間が長い
  • 歯科医院に通う必要がなく、自分の好きな時間にホワイトニングができる
  • 追加薬剤を購入すれば色が後戻りした際にもう一度ホワイトニングできる

Demeritデメリット

  • 満足する白さになるまで毎日継続して行う必要がある。
  • ホワイトニングの最中は、2時間程度マウスピースを着用しなければならない。
  • ホワイトニングの後、1時間は色の濃い飲食物を避けるなどの飲食制限がある。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、光に反応する高濃度のホワイトニング剤を歯に塗って行います。ホームホワイトニングと比べると、短期間で白く輝く歯が手に入ります。ただ、色持ちはホームホワイトニングのほうが優れており、白さの度合いが高い分、やや人工的な印象をうける場合もあります。
その場で効果がでるためホワイトニング効果を実感しやすいといった特徴があります。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

高濃度の薬剤を使用するため、歯が白くなるまでの時間が短く、白さの度合いが高いことが特徴です。また、歯科医院でプロの技術によって行うので安心感がある点もメリットと言えるでしょう。デメリットとしては、ホームホワイトニングに比べると白さの持続時間が短いことや、薬剤の刺激でホワイトニングをした当日は歯や歯ぐきに痛みが出ることなどが挙げられます。
ホワイトニングにどのような白さを求めるのかは人それぞれですが、オフィスホワイトニングの仕上がりを透明感が少なく人工的な白さだと感じる方もいるようです。

Meritメリット

  • 特殊な光線と高濃度のホワイトニング剤を使用するため、短期間でホワイトニングの効果を実感できる
  • ホームホワイトニングよりも白さの度合いが高い
  • 歯科医師や歯科衛生士によるプロの施術のため、安心感がある
  • 施術中に痛みなどの症状が出た場合でも、すぐに適切な処置をしてもらえる
  • 術前に歯のクリ-ニングを受けられる

Demeritデメリット

  • ホームホワイトニングに比べると費用が高い
  • 高濃度のホワイトニング剤を使用するため、人によっては歯が痛む・しみるなどの症状が出る場合がある
  • 歯科医院で行うため希望するタイミングで施術を受けられないことがある
  • 歯の厚みなどのその人の歯の特徴によって、1回の施術で白くならない場合がある
  • ホームホワイトニングよりも、白さの持続時間が短い

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、歯科医院で『オフィスホワイトニング』の施術を行った後、ご自宅で『ホームホワイトニング』を継続していただく治療法です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことで、それぞれのメリットを活かしたホワイトニング効果が期待できます。
オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングを単独で行うよりも、自然な白さが早く得られ長持ちします。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのメリットを組み合わせることで、『白さの度合いが高く、持続期間が長い』というホワイトニング効果が実現します。
ただし、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのダブル施術をするため、費用は高くなります。また、オフィスホワイトニングでは高濃度の薬剤を使用するため、知覚過敏のリスクを考慮しなければいけません。

Meritメリット

  • 歯科医院への通院は原則2回程度
  • オフィスホワイトニングの施術を行うので、白さの度合いが高い
  • 白さが長く続き、色の後戻りが遅い
  • 術前に、歯のクリ-ニングを受けられる

Demeritデメリット

  • オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのダブル施術なので、費用がかかる
  • 薬剤を頻繁に使用するので、知覚過敏のリスクが高まる
  • 1日2時間程度、マウスピースの着用を続ける必要がある

変色無髄歯の漂白

むし歯や打撲など何らかの原因で神経が死んでしまった歯は黒ずんでくることがあります。変色無髄歯の漂白は、こういった歯に対するホワイトニング治療です。黒ずみは歯の内部の象牙質側から発生してくるため、歯の表面からだけでなく内部からもホワイトニングする必要があります。

変色無髄歯の漂白のメリット・デメリット

変色無髄歯の漂白の最大のメリットは、歯を削らずにすむことです。さらに、セラミッククラウンなどの被せ物よりも安価で白い歯が手に入り、何よりも自分の歯を削らずに残しておくことができます。
デメリットは色が完全に戻るとは言えず、結果が予測しにくいことです。

Meritメリット

  • 歯を削る必要がなく、歯へのダメージが最小限に抑えられる
  • セラミッククラウンなどの被せ物よりも安価

Demeritデメリット

  • 色が完全に戻るとは言えない。
  • どの程度白くなるのか予測しにくい。

料金表(税込み)

オフィスホワイトニングコース 20,000円(前歯6本、通常2回の処置が必要)
ホームホワイトニングコース 16,000円(上顎または下顎)
デュアルホワイトニングコース 上記の合計金額
変色無髄歯の漂白 1歯あたり8,000円(通常2回の処置が必要)

ページトップへ戻る