東野歯科医院

歯科,小児歯科,歯科口腔外科

〒520-0101 滋賀県大津市雄琴6-10-10
TEL 077-579-4799

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

当医院の感染予防への取り組み

 院内感染予防対策は歯科に限らず、あらゆる医療において重要な課題の一つです。
東野歯科医院でも開業当初からこの問題に取り組んでまいりました。東野歯科医院の院内感染予防策の一部を紹介させていただきたいと思います。

 

タービン等の滅菌について

タービン等の滅菌について

 虫歯治療に使うキーンと嫌な音のする器械、タービンといいます。当院では開院当初から患者様ごとにタービンや歯石をとる道具であるスケ-ラ-の滅菌をしてきました。滅菌(めっきん)とは消毒以上に厳密に細菌やウイルスを殺滅することをいいます。
未だ多くの歯科医院ではタービンに対して消毒のみしか行なわれていません。この理由としてコストと時間が掛かるからです。タ-ビンの滅菌は通常オ-トクレ-ブという圧力釜のような器械を使い121℃で20分間あるいは135℃で5分間行ないます。1日何回も高温にさらすと1本10万円ぐらいするタ-ビンの傷みが激しかったり、タ-ビンを診療台の台数以上にそろえなくてはなりません。東野歯科医院では多数のタービン等を用意し高速滅菌器でこれらを滅菌することでこの問題に対応しています。

 

診療用手袋の交換について

 東野歯科医院で治療を受けていただく際には「診療用手袋の交換はなされているのだろうか」というご心配は全く無用です。
 医療機関として当然のことですが、当医院では直接患者様のお口に触れる歯科医師、歯科衛生士はもちろん診療を補助するアシスタントも患者様ごとに診療用手袋を交換しております。場合によっては処置ごとに必要に応じて一人の患者様に数回の診療用手袋の交換を行ないます。
 膨大な量の診療用ゴム手袋を使い捨てすることになり、エコではないかもしれませんが安全な医療をご提供するうえで当然必要なことと考えています。

 


以上2点についてのみ書かせていただきましたが、歯科医院には多種多様な機械器具、材料があります。東野歯科医院では安心して治療を受けていただけるよう、それら1つ1つについて治療工程も視野に入れた感染予防対策をとっております。